【一喜一憂?!】保護犬を迎えてよかった事5つ

保護犬を迎えてよかった事 保護犬話

保護犬を迎えるにあたって、保護犬ってどうなのかな?ちゃんと飼育できるのかな?と思う方も多いと思います。

我が家はブリーダーさんからではなく保護犬からお迎えするという選択の一択しかありませんでしたが、ビビ!と来る子をお迎えするまでに結構時間がかかりました。

それこそ様々な施設に見に行ったりしましたが、どの施設にいってもビビっ!と来る子はおらず、何度も何度も足繁く保護施設に通ったりしました。

本日はそんな保護犬をお迎えして我が家でよかった事5つをお話したいと思います。

その1:すでにしつけが入っていた

我が家ではすでに成犬である子をお迎えしようと話していました。

なぜかというと、子犬の場合、しつけが大変だからです。

我が家では共働きをしている為、日中は仕事にでかけます。

その際、家中がうんちやおしっこまみれになっては大変ですよね笑

そのため、成犬である程度落ち着いている子をお迎えしようとしていました。

ザンダはお迎えしたとき、すでにトイレトレーニングがちゃんとできている子で、何があっても必ずお外でトイレをしてくれます。(ただし、下痢のとき以外w)

その他にもお迎えした際には、おすわりやお手も少しできるようにはなっており、そこからちゃんと教えることですぐにおすわりとお手を理解することができました。

もともとの飼い主さんがよくしつけていてくれたということもあると思いますが、保護犬で成犬の場合はしつけが入っている事があるかもしれません。

これは、我が家ではとってもありがたかったです。

すべての保護犬にしつけが入っているというわけでなく、しつけは保護犬それぞれです。お迎えする際の確認ポイントとして、ぜひお迎えを考えている方はチェックしてみてください。

その2:成犬のため、性格や体の大きさを事前に知ることが可能

成犬の保護犬は多いと思います。

成犬であるがゆえにあまり引き取りてが見つからないということも聞きますが、成犬の保護犬はすでに性格や体の大きさが大体わかるようになっており、引き取って育ててみたらかなり大きくなってしまったと言う事はないと思います。

幸い、ザンダを引き取った際にはすでに成犬になっており、体重もそこから増やしたり減らしたりしないようにと言われました。

なのでそこからまだ大きくなると言うような心配はないと言う事ですね。

子犬だと犬種にもよると思いますが、成長した際にどのくらい大きくなるのか?という事が心配だと思います。

保護犬の子犬の場合、もしかしたらどこかで大きくなるような犬種の血が入っており、成長した際に予想以上に大きくなると言うこともあるかもしれません。

成犬の場合だとそのような心配はありませんね。

ぜひ、保護犬の成犬もオススメです。

その3:意思疎通ができたときはこの上ない喜び

これはどの犬にも当てはまるかもしれませんが、保護犬を迎えて意思疎通ができた時はこの上ない喜びでした。

お迎えした当初は、「ここは本当に自分の家なのか?」と言うような疑問を抱いているような顔をしていました。

約2週間位でこれが自分の新しい家なんだと理解するとそこから顔つきが変化した気がします。

いまだにビビリで他の犬が怖い、人が怖いと言うような思いがあるようですが、それでもやはり意思疎通が取るのはすごく嬉しいです。

特に我が家の子を見ていると、過去のトラウマがもしかしたらひどいのではと思ったりします。

それでもやっぱり可愛いですね。

その4:お家にお迎えできるかトライアルが可能

保護犬をおうちにお迎えするときには様々のステップがあります。

そのステップの中で約2週間ほどのトライアルと言うものがあります。

こちらはお迎えする団体によって2週間だったり3週間だったり、多分期間が違うかと思いますがザンダの場合は2週間でした。

その2週間の間の中で、本当にお迎えすることが可能なのか、お迎えした場合の日常生活はどのように変化するのか、また本当にお世話係がお世話できるのか、という事が確認できます。

この2週間の間で、お迎えするのかどうなのかということを決めることができるので、このトライアル期間はお迎え側の気持ちが楽になると思います。

もしトライアル期間中に、お迎えすることができないなと言う判断をするのであれば、保護団体さんに相談することができるからです。

もちろん保護犬側からすると、お家を何回も変えると言うのは絶対に良くないと思います。

人間で考えたとしてもお世話になるお家を何回も変更させられるというのはものすごくストレスですよね。

そこも加味したトライアル期間だと思います。

これから保護犬をお迎えすると言う方は、ぜひそういう点も考えてみて下さいね。 

その5:たとえ1頭でも温かいお家、美味しいご飯、愛情を与えてあげることが可能

最後はこの1点だと思います。

保護犬をお迎えすることで、たとえ1頭でも暖かいお家、おいしいご飯、愛情を与えてあげることが可能です。

血統書付きの犬でも、道端で拾われた犬でも、平等にお家や、ご飯、愛情を与えられるべきですよね。

ザンダの場合は、もともとはどこかで飼われていたと思われますが、はやり引き取った際はものすごく細く、毛艶も良くなく、あぁ〜どこかで飼育放棄されたのか、それとも飼えなくなったから譲渡されたのかな?と思うようなものでした。

お迎えしたときはものすごく臭かったですしねw(保護団体さんで犬を洗う時間がなかったらしいw)

友人に汚い!臭い!って言われたときは悲しかったな〜泣

まとめ

保護犬をお迎えするにあたって我が家で良かった事5つをお話してみました。

保護犬ってどうなの?本当になつくの?私でもお迎えできるのかな?と思っている方は、ぜひお近くの保護団体さんに相談してみて下さい。

保護犬でも、犬は犬、かわいいですよ。

そして、1頭でも多くの保護犬たちにお家と美味しいご飯、愛情が見つかりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました